2015年10月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 果皮に豊富な精油成分が、 関節痛や神経痛など 更年期の体の痛みをとる(10/05)
  3. 豊富な食物繊維が便秘を予防、 れんこんのビタミンCが 冷えない体質をつくる(10/05)
  4. 豊富なカリウムが血圧を下げ、 のぼせや頭痛、めまいなどの更年期の 不快症状をやわらげる(10/05)
  5. 更年期の肌トラブルを解消! しょうがとトマトのさびとりドリンク(10/05)
  6. しそはさまざまな更年期の不調に 有効に働き、貧血や イライラも解消してくれる(10/05)
  7. 血液循環をよくして体を温め、 更年期に多い頭痛、肩こり、 目の疲れをすばやく撃退(10/05)
  8. 酒かすとココアのミックスで 血液サラサラ効果が生まれ、 動脈硬化、肥満予防に役立つ(10/05)
  9. 体内の水分バランスを整えて更年期の 体のむくみを解消! 血行促進効果で冷えも撃退(10/05)
  10. イライラや不眠の解消に すごい効果を発揮する 夜1杯の「ヒマラヤ紅茶」(10/05)
  11. 脳内の神経伝達を活発にする 「サフラン水」は、更年期に多い イライラ、もの忘れに効く(10/05)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

果皮に豊富な精油成分が、 関節痛や神経痛など 更年期の体の痛みをとる

2015.10.05(16:34)
ゆずは、ほどよい酸味と芳香が魅力で、初夏には青いもの、秋以降には黄色く熟したものが出回ります。果皮、果汁とも、昔から料理のアクセントや薬味として使われてきました。また、ゆずの果皮をお風呂に入れると関節痛や神経痛、肩こりなどに効く
ことも、生活の知恵として知られています。
それは、ゆずの果皮に含まれる精油成分、リモネンに、血行をよくし、自律神経に働きかけて心身をリラックスさせる作用があるからです。更年期を迎えて中高年世代になると、こうした体の痛みを訴える女性が増えてきます。ゆずを利用して、痛みとり効果を体験してみてはいかがでしょうか。
ここで紹介する「ゆず酒」は、ゆずをホワイトリカーに漬け込み、ゆずの栄養成分や香りを抽出したもの。関節痛や神経痛は夜問に症状が出やすいので、夕食後に飲むと効果的です。
また、ゆずにはビタミンcやクェン酸、ナリンギン、果糖などの栄養成分がたっぷり含まれていて、疲労回復や高血圧、美肌をはじめ、多くの健康効果があります。
 「ゆず酒」は加熱処理をしていないので、熱に弱いビタミンが壊れることもなく、効率よくゆずの栄養素をとることができます。
 通常、果実酒や薬用酒を作るときには砂糖やはちみつを加えますが、この「ゆず酒」は廿味料をいっさい使っていないため、ヘルシーで、ゆず本来の甘さと香りを十分に味わうことができます。甘みがないので、お吸い物や煮物に少量加えることもできますし、料理に使ってアルコールをとばせば、お酒が苦手な人でも無理なくとることができます。
スポンサーサイト
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

豊富な食物繊維が便秘を予防、 れんこんのビタミンCが 冷えない体質をつくる

2015.10.05(16:30)
年齢を問わず、便秘は多くの女性が悩む症状ですが、更年期になるとさらにその訴えは増えます。その背景には、自律神経の失調、更年期に伴う諸症状、ストレスなどが影響しています。
便秘を防ぐ食生活で最も人切なことは、食物繊維を積極的にとることです。そこで、食物繊維の豊富な大根とれんこんを使った「大根れんこん汁」を紹介しましょう。
れんこんの糸を引く粘りけのもとは、ムチンという水溶性の食物繊維で、便の量を増やし、体内の異物や添加物を吸収して体外へ排泄してくれます。
また、ムチンは、胃の粘膜を保護して胃潰蜒を予防したり、タンパク質の吸収を高めて滋養強壮に効果を発揮したりします。

さらに、れんこんには、なんとレモンと同程度のビタミンCが含まれています。ビタミンCは、血流を改善して冷えを緩和するのに役立つことがわかっています。
れんこんと同様、人根も食物繊維とビタミンCを含み、便秘の解消に大きく役立つ根菜です。また、大根の特徴は、消化酵素であるジアスターゼなどを豊富に含むことで、胃腸の働きを助けて消化を促し、胃や腸の不調の改善にも有効に働きます。
大根とれんこんをいっしょにとると、大根が胃腸の働きをよくして、れんこんの有効成分がスムーズに体内に吸収されます。「大根れんこん汁」は、れんこんと大根をすりおろしてこした汁ですが、2つの食材の甘みが引き立ち、ジュースのようにおいしく飮むことができます。毎日飲み続ければ、更年期の女性が悩みがちな便秘や冷え症などを改善することも期待できるでしょう。
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

豊富なカリウムが血圧を下げ、 のぼせや頭痛、めまいなどの更年期の 不快症状をやわらげる

2015.10.05(16:27)
昔から「医者いらず」といわれてきたほど、健康フルーツとしておなじみのりんご。その秘密は、りんごに豊富な2つの栄養素、ミネラルのカリウムと食物繊維のペクチンにあります。
カリウムは、体内で塩分(ナトリウム)とバランスをとり、細胞の浸透性を調節する役目があります。塩分をとりすぎると、カリウムとナトリウムのバランスがくずれ、血管が収縮して血圧が上がります。カリウムには、過剰な塩分を尿によって排泄し、血圧を安定させる働きがあります。またカリウムには、交感神経の活動を抑制して血管を広げる働きもあり、血圧をドげる効果があります。
更年期に起こるのぼせ、頭痛、めまいといった症状は、高血圧が原因で起こることが少なくありません。そこで、りんごを食べてカリウムを袖給すれば、血圧が安定し、不快症状を防ぐ効果が期待できます。実際、更年期に伴うめまい、頭痛、のぽせの症状が、
りんごを食べる習慣で改善されたという研究結果も報告されています。
一方のペクチンは水溶性の食物繊維で、腸内の老廃物や、血管内にこびりついたコレステロールを吸着して、体外へ排泄してくれます。また、便秘や下痢を防ぐ作用もあります。
こうしたりんごの効果を無駄なく活用するためには、とり方にも工夫が必要。そこで焼酎(アルコール)です。りんごはすりおろすことで消化がよくなり、胃腸の消化酵素は焼酎のアルコールで活性化します。つまり、すりおろしたりんごと焼酎を組み合わせた「りんご焼酎」なら、栄養素の吸収がアップするわけです。焼酎の適量を守り、毎日の習慣にしてはいかがでしょうか

更年期のめまい
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

更年期の肌トラブルを解消! しょうがとトマトのさびとりドリンク

2015.10.05(16:21)
更年期になると、乾燥やシミ、くすみなど、肌のトラブルがめだつようになります。これは、女性ホルモンの分泌が低ドし、皮膚の(リや潤いを保つコラーゲンやエラスチンという線維の量が減ったり、線維の弾力性が失われたりするのが原因です。
そこで、美肌効果にすぐれた「しょうがトマトジュース」を紹介しましょう。これは、トマトジュースに、すりおろしたしょうがを加えたものです。
トマトは、美肌効果を高めるβΥカロテンが含まれているうえ、みずみずしい肌をつくるリコピンも豊富です。
私たちの体は60兆個もの細胞でできていますが、この細胞には、外からの刺激(ストレス、過労、睡眠不足、紫外線など)により、絶えず活性酸素が発生しています。活性酸素が増えすぎると、健康な細胞が老化し、シミやシワの原囚になったり、肌の潤いが失われたりします。
トマトに含まれるリコピンは、活性酵素の老化を防ぐ抗酸化力にすぐれ、美しいをつくる材料になってくれます。しかも、リコピンには血液をサラサラにして血行を促進させる作川もあり、皮膚の新陳代謝を活発にします。
一方のしょうがには、辛み成分のジングロンが含まれ、体を温める働きを発揮します。そして、血行をよくして皮膚の新陳代謝を促すため、トマトの美肌効果をさらに高めることができるでしょう。
しょうがには、ショウガオールという香り成分も含まれます。この成分はくさみ消しの作用もあるため、トマトジュースの後味がすっきりして飲みやすくなります。「しょうがトマトジュース」を飲んで美肌づくりを心がけてください。
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

しそはさまざまな更年期の不調に 有効に働き、貧血や イライラも解消してくれる

2015.10.05(16:18)
日本が誇るハーブのひとつに、しそがあります。昔から、しそには抗菌・防腐作用のあることが知られ、食中毒や食欲不振、下痢、貧血などに効くことが経験的に知られてきました。栄養学的にみても、しそにはβ-カロテンが豊富に含まれ、強い抗酸化作用で生活習慣病やがんの予防に役立つことがわかっています。
そして、しそのもうひとつの特徴は、あのさわやかな香りです。独特の芳香の正体は、ペリルアルデヒドという成分で、これが抗菌・防腐作用を発抑します。この芳香成分には鎮静作用もあり、精神の安定に役立ちます。また、しそは鉄分も豊富なので、貧血予防も期待できます。更年期症状のひとつに、気分のイライラや貧血がありますが、しそを食べて予防に努めてはいかがでしょうか。そのほか、しそに含まれるカルシウムの作川で骨を丈夫にしたり、ルテオリンという成分にアレルギー症状を緩和する働きがあり、アトピーや花粉症に有効なこともわかっています。
とはいえ、しそを毎日たくさん食べるのは難しいでしょう。そこで紹介したいのが「しそドリンク」です。これは、しその煮汁に酢と糖分を加えたもので、手軽にしその成分がとれます。酢に含まれるクェン酸は、疲労物質や有害物質を体外に排泄するとともに、体の代謝を促進させて疲労を回復してくれます。また、酢にはカルシウムの吸収率をアップさせる働きがあるため、カルシウムを含むしそといっしょにとると効果的です。「しそドリンク」には、はちみつも入れてあるので、殺菌作用や整腸作用なども期待できます。ぜひ、お試しください。  
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

血液循環をよくして体を温め、 更年期に多い頭痛、肩こり、 目の疲れをすばやく撃退

2015.10.05(16:11)
体の冷えは、女性の体に深刻な影響をもたらします。たとえば頭痛、肩こり、目の疲れ、肌荒れといった症状には、冷えが深く関係していると考えられます。また、体が冷えて血行が悪くなると、全身の代謝能力が衰えて、免疫力の低下に発展することも少なくありません。
つまり、体の冷えは万病のもとといっても過言ではないのです。そこで、冷えの解消対策に「温にんじん豆乳」を利用してみましょう。
材料のにんじんには、血行を促進させて体の新陳代謝を活発にするビタミンEが含まれ、体の冷えに対して効果を発揮します。また、ビタミンEは女性ホルモンの分泌を整える作川もあり、更年期の不快症状を遠ざける手助けもしてくれます。さらに、にんじんに含まれる鉄分は全身の器官に酸素を運ぶ役割があり、やはり全身の新陳代謝を促す働きがあります。
もうひとつの材料の豆乳には、大豆タンパクが含まれ、この成分をとると筋肉の増加に役立ちます。すると新陳代謝が促され、血行がよくなって冷えがとり除かれるだけでなく、太りにくい体質に変わっていきます。
このように、にんじんも豆乳も栄養抜群の食材ですが、「温にんじん豆乳」にしていっしょにとれば相乗効果が発揮され、冷えを改善する力がさらにアップします。その結果、頭痛、肩こり、目の疲れなど、更年期に起こりやすい不快症状が快方に向かっ
ていくでしょう。
 「温にんじん豆乳」を食前に飲めば、満腹感が得られて食べすぎを防ぐことができ、夕食後に飮めば体が温まり、安眠効果が期待できます。
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

酒かすとココアのミックスで 血液サラサラ効果が生まれ、 動脈硬化、肥満予防に役立つ

2015.10.05(16:08)
古くから「百薬の長」として、健康効果が広く知られてきた日本酒。この日本酒の醸造過程で生まれるのが、いわゆる「酒かす」です。一般的に、日本酒が体によいといわれているのは、麹に含まれている薬効によるものだと考えられています。したがって、固形物として麹がまるごと残っている酒かすは、実は薬効成分のかたまりなのです。そんな健康食材である酒かすには、更年期に気になる肥満や動脈硬化などを予防する効果があります。
酒かすは、デンプンをブドウ糖に変える酵素の働きを抑える作用があります。食後の急激な血糖値の上昇は、インスリンの分泌を促し、肥満の原因になりますが、酒かすにはこれを防ぐ効果があるのです。そして、血中の善玉コレステロールを増やし、悪エコレステロールや巾性脂肪を減らす効米があります。また、血栓を溶かして酊液をサラサラにする酵素の働きを助ける成分も介まれています。そのほかにも、洲かすには骨を丈丸にしたり、肌のシミを防いだり、うつの症状を改心‥する効米のあることが確認されています。
こうしたすばらしい健康効米を持つ洲かすですが、最も手軽にとるには、甘洲などのドリンクにして飲む方法が一般的です。そこで、その際にココアといっしょにとる「酒かすココア」を紹介しましょう。ココアには、ポリフェノールという抗酸化成分が含まれていて、酒かすが持つ血液サラサラ効果や老化防止効果をさらに強化してくれます。また、ココアには食物繊維も豊富なので、便秘の改善にも役立ちます。酒かすとココアは味の面でも相性がいいので、ぜひ「酒かすココア」を試してみてください。
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

体内の水分バランスを整えて更年期の 体のむくみを解消! 血行促進効果で冷えも撃退

2015.10.05(13:41)
「黒糖きな粉くず湯」は、くず湯に黒糖ときな粉をぜた飲み物です。この3つの食材は味の面だけでなく、効能の点からもとても相性がよい組み合わせなのです。
黒糖は、上白糖と比べると糖分の量は少なくなっている一方、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。なかでも黒糖に含まれるマグネシウムは、体内の酵素の働きを活性化させる作用があり、体内の余分な水分を排泄したり、糖質や脂質の代謝を促進する手助けをします。
きな粉は、大豆に含まれている水分がとんで、残りの栄養素がまるごと凝縮されています。女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれていて、更年期の諸症状の緩和にすぐれた効果発揮してくれます。
くずは、マメ科多年草の植物で血行促進作用があり、かぜをはじめ、肩こり、頭痛、目の疲れなどに有効に働くことが知られています。また、くずのデンプン質には水分を体内にとどめ、細胞に潤いを与える働きがあります。 つまり、黒糖には体の中の水分を排泄する働きがあり、くずには水分を体内にため込む性質があるわけです。したがって「黒糖きな粉くず湯」をとれば、それぞれがバランスよく慟いて体内の水分代謝がよくなり、むくみや排尿、排便のトラブル改善に役皀つのです。
また、更年期になると骨が弱くなりがちですが、黒糖にはカルシウム、きな粉にはイソフラボンという、骨を丈夫にする成分も豊富です。黒糖きな粉くず湯は、更年期の中高年攵性にもってこいのドリンクといえるでしょう。
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

イライラや不眠の解消に すごい効果を発揮する 夜1杯の「ヒマラヤ紅茶」

2015.10.05(13:36)
「ヒマラヤ紅茶」とは、シナモンとしょうがを加えた紅茶のこと。インドの伝統医療アーユルヴェーダに伝わるレシピをもとに、ヒマラヤで飲まれてきた紅茶を、手に入りやすい材料で再現した飲み物です。
材料であるシナモンとしょうがには、それぞれ次のような効能があります。
シナモンの独特の香りには、自律神経の過剰な働きを鎮めて、精神をリラックスさせる効果があります。そのため、イライラの症状が出ているときにシナモンの香りをかぐと、気持ちが落ち着き、熟睡効米も得られます。
しょうがには、発汗作用のあるジングロンという成分が含まれていて、体を温め、新陳代謝を促進さぜます。体の冷えを放っておくと、肩こりや便秘、下痢、肌荒れなどの症状が出ることが少なくありません。とくに更年期には深刻です。しょうがをとって体を温め、早い段階で冷えを解消すれば、これらの不快症状の予防や改善ができるでしょう。
また、紅茶に含まれるカリウムには、高血圧の原因になるナトリウム(塩分)を体外に排泄し、利尿を促す効果もあるので、むくみにも効果的です。
「ヒマラヤ紅茶」の作り方はいたって筒単で、紅茶にすりおろしたしょうかとシナモンを加えるだけ。体が温まり、精神がリラックスするので、夕食後に飲むと熟睡効果が得られます。そして、「ヒマラヤ紅茶」はできるだけ温かいものを飲んでください。
冷えたものだと体への作用が遅くなるからです。
なお、「ヒマラヤ紅茶」は、胃酸の分泌を高めて食欲を増進させる働きもあるので、この作用を抑えなければならない消化性潰瘍や膵炎の人は、飲用を控えるようにしてください。 
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

脳内の神経伝達を活発にする 「サフラン水」は、更年期に多い イライラ、もの忘れに効く

2015.10.05(13:28)
サフランは、地中海沿岸を原産とするアヤメ科の紫色の花びらを持つ多年草です。サフランといえば、パエリアやブイヤベースなどの料理に使われることで知られていますが、これはサフランの雌しべの部分を乾燥させたものです。
サフランの雌しべは、1つの花から3本しかとれないので、1琴を採取するのに60本以上の花が必要になります。このため、昔から高価な食材として珍重されてきました。
サフランは、東洋医学の世界において、血液の流れをよくする生薬として用いられてきました。おもに生理痛や更年期症状、痛み止め、かぜ薬として処方されています。さらにここ数年、サフランの色素成分であるクロシンには記憶力・集中力を高める作用のあることが明らかになり、健康食材として注日を浴びています。実験用のマウスにサフランエキスを与えたところ、そのエキスの摂取量が多いマウスほど、脳の海馬(学習・記憶をつかさどる部位)の働きが向上し、脳内の神経伝達が促進することが確認されました。また、不眠を改善する睡眠作用があることも、ほかの実験でわかっています。更年期には、不眠、もの忘れや注意力の低下、それらが原因で起こるイライラなどの症状が現れがちですが、こうした不快症状の予防・改善にサフランを利用してみてはいかがでしょうか。サフランを毎日とる方法としておすすめなのが、サフランを水につけて作る「サフラン水」です。中国の薬膳では、3日続けて飲食すると効果が現れやすいとされています。毎日飲むのがむずかしいという人も、「サフラン水」を作ったら、最低3日は続けて飲むようにしてください。 
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。