スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

豊富な食物繊維が便秘を予防、 れんこんのビタミンCが 冷えない体質をつくる

2015.10.05(16:30)
年齢を問わず、便秘は多くの女性が悩む症状ですが、更年期になるとさらにその訴えは増えます。その背景には、自律神経の失調、更年期に伴う諸症状、ストレスなどが影響しています。
便秘を防ぐ食生活で最も人切なことは、食物繊維を積極的にとることです。そこで、食物繊維の豊富な大根とれんこんを使った「大根れんこん汁」を紹介しましょう。
れんこんの糸を引く粘りけのもとは、ムチンという水溶性の食物繊維で、便の量を増やし、体内の異物や添加物を吸収して体外へ排泄してくれます。
また、ムチンは、胃の粘膜を保護して胃潰蜒を予防したり、タンパク質の吸収を高めて滋養強壮に効果を発揮したりします。

さらに、れんこんには、なんとレモンと同程度のビタミンCが含まれています。ビタミンCは、血流を改善して冷えを緩和するのに役立つことがわかっています。
れんこんと同様、人根も食物繊維とビタミンCを含み、便秘の解消に大きく役立つ根菜です。また、大根の特徴は、消化酵素であるジアスターゼなどを豊富に含むことで、胃腸の働きを助けて消化を促し、胃や腸の不調の改善にも有効に働きます。
大根とれんこんをいっしょにとると、大根が胃腸の働きをよくして、れんこんの有効成分がスムーズに体内に吸収されます。「大根れんこん汁」は、れんこんと大根をすりおろしてこした汁ですが、2つの食材の甘みが引き立ち、ジュースのようにおいしく飮むことができます。毎日飲み続ければ、更年期の女性が悩みがちな便秘や冷え症などを改善することも期待できるでしょう。
スポンサーサイト
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。