スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

イライラや不眠の解消に すごい効果を発揮する 夜1杯の「ヒマラヤ紅茶」

2015.10.05(13:36)
「ヒマラヤ紅茶」とは、シナモンとしょうがを加えた紅茶のこと。インドの伝統医療アーユルヴェーダに伝わるレシピをもとに、ヒマラヤで飲まれてきた紅茶を、手に入りやすい材料で再現した飲み物です。
材料であるシナモンとしょうがには、それぞれ次のような効能があります。
シナモンの独特の香りには、自律神経の過剰な働きを鎮めて、精神をリラックスさせる効果があります。そのため、イライラの症状が出ているときにシナモンの香りをかぐと、気持ちが落ち着き、熟睡効米も得られます。
しょうがには、発汗作用のあるジングロンという成分が含まれていて、体を温め、新陳代謝を促進さぜます。体の冷えを放っておくと、肩こりや便秘、下痢、肌荒れなどの症状が出ることが少なくありません。とくに更年期には深刻です。しょうがをとって体を温め、早い段階で冷えを解消すれば、これらの不快症状の予防や改善ができるでしょう。
また、紅茶に含まれるカリウムには、高血圧の原因になるナトリウム(塩分)を体外に排泄し、利尿を促す効果もあるので、むくみにも効果的です。
「ヒマラヤ紅茶」の作り方はいたって筒単で、紅茶にすりおろしたしょうかとシナモンを加えるだけ。体が温まり、精神がリラックスするので、夕食後に飲むと熟睡効果が得られます。そして、「ヒマラヤ紅茶」はできるだけ温かいものを飲んでください。
冷えたものだと体への作用が遅くなるからです。
なお、「ヒマラヤ紅茶」は、胃酸の分泌を高めて食欲を増進させる働きもあるので、この作用を抑えなければならない消化性潰瘍や膵炎の人は、飲用を控えるようにしてください。 
スポンサーサイト
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。