スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

酒かすとココアのミックスで 血液サラサラ効果が生まれ、 動脈硬化、肥満予防に役立つ

2015.10.05(16:08)
古くから「百薬の長」として、健康効果が広く知られてきた日本酒。この日本酒の醸造過程で生まれるのが、いわゆる「酒かす」です。一般的に、日本酒が体によいといわれているのは、麹に含まれている薬効によるものだと考えられています。したがって、固形物として麹がまるごと残っている酒かすは、実は薬効成分のかたまりなのです。そんな健康食材である酒かすには、更年期に気になる肥満や動脈硬化などを予防する効果があります。
酒かすは、デンプンをブドウ糖に変える酵素の働きを抑える作用があります。食後の急激な血糖値の上昇は、インスリンの分泌を促し、肥満の原因になりますが、酒かすにはこれを防ぐ効果があるのです。そして、血中の善玉コレステロールを増やし、悪エコレステロールや巾性脂肪を減らす効米があります。また、血栓を溶かして酊液をサラサラにする酵素の働きを助ける成分も介まれています。そのほかにも、洲かすには骨を丈丸にしたり、肌のシミを防いだり、うつの症状を改心‥する効米のあることが確認されています。
こうしたすばらしい健康効米を持つ洲かすですが、最も手軽にとるには、甘洲などのドリンクにして飲む方法が一般的です。そこで、その際にココアといっしょにとる「酒かすココア」を紹介しましょう。ココアには、ポリフェノールという抗酸化成分が含まれていて、酒かすが持つ血液サラサラ効果や老化防止効果をさらに強化してくれます。また、ココアには食物繊維も豊富なので、便秘の改善にも役立ちます。酒かすとココアは味の面でも相性がいいので、ぜひ「酒かすココア」を試してみてください。
スポンサーサイト
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。