スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

血液循環をよくして体を温め、 更年期に多い頭痛、肩こり、 目の疲れをすばやく撃退

2015.10.05(16:11)
体の冷えは、女性の体に深刻な影響をもたらします。たとえば頭痛、肩こり、目の疲れ、肌荒れといった症状には、冷えが深く関係していると考えられます。また、体が冷えて血行が悪くなると、全身の代謝能力が衰えて、免疫力の低下に発展することも少なくありません。
つまり、体の冷えは万病のもとといっても過言ではないのです。そこで、冷えの解消対策に「温にんじん豆乳」を利用してみましょう。
材料のにんじんには、血行を促進させて体の新陳代謝を活発にするビタミンEが含まれ、体の冷えに対して効果を発揮します。また、ビタミンEは女性ホルモンの分泌を整える作川もあり、更年期の不快症状を遠ざける手助けもしてくれます。さらに、にんじんに含まれる鉄分は全身の器官に酸素を運ぶ役割があり、やはり全身の新陳代謝を促す働きがあります。
もうひとつの材料の豆乳には、大豆タンパクが含まれ、この成分をとると筋肉の増加に役立ちます。すると新陳代謝が促され、血行がよくなって冷えがとり除かれるだけでなく、太りにくい体質に変わっていきます。
このように、にんじんも豆乳も栄養抜群の食材ですが、「温にんじん豆乳」にしていっしょにとれば相乗効果が発揮され、冷えを改善する力がさらにアップします。その結果、頭痛、肩こり、目の疲れなど、更年期に起こりやすい不快症状が快方に向かっ
ていくでしょう。
 「温にんじん豆乳」を食前に飲めば、満腹感が得られて食べすぎを防ぐことができ、夕食後に飮めば体が温まり、安眠効果が期待できます。
スポンサーサイト
更年期 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。